BS朝日

バックナンバー

#292

永原レキ in Between Blues 代表

永原レキ (38)
藍染プロデューサー・サーファー
 
生まれ故郷であり世界的サーフスポットでもある徳島県海陽町で藍染スタジオを経営する永原。
サーフカルチャーと徳島の天然藍の藍染を融合させてスタイリッシュなプロダクトを開発。
そのプロダクトを利用してクラウドファンディングを行い、地元神社の活動支援も行っている。
自然を愛するサーフカルチャーと藍染を組み合わせることで、地域の伝統文化や自然の素晴らしさをより魅力的に演出し、国内外に向けて発信する永原が挑む新しい形の地域活性化とは。

ながはら れき

1982年生まれ。徳島県出身。
 
大学在学中に全日本学生サーフィン選手権大会で4連覇を達成。
卒業後、東京、米国、オーストラリアなどで働きながらサーフィンと音楽、芸術を学ぶ。
2010年 徳島にUターン。衣料メーカー 株式会社トータスに入社し、
海部藍プロジェクト主任として、染色や広報を担当。
2016年 徳島の伝統文化とサーフカルチャーを繋ぐプロダクト開発を目的に
in Between Bluesを設立。以来、Think Global, Act Localの理念のもと、
故郷が誇る自然や歴史・文化の魅力を世界に発信している。