BS朝日

バックナンバー

#306

ジン・コー Bodygram Inc. CEO

アパレルE Cサイトが広がりを見せる中、シリコンバレーの起業家ジンが開発したのは
AIと機械学習を駆使した身体測定技術。ボディグラムは、身長や体重、年齢を入力し
スマホでたった2枚の写真を撮るだけで、簡単に全身24箇所のサイズがわかる技術。
12万人以上のあらゆる体型を学習したA Iが弾き出す測定値は、プロの採寸に匹敵する
精度を誇り、導入企業も急速に増えている。
開発者であり創業者でもあるジン・コーが5年先に見据える未来とは・・

じん・こー

マレーシア出身。2015年米国でオーダーメードシャツのオンライン販売事業Original Stitchを起業。創業まもなくから、ECアパレルの返品率の課題を解決すべく自社内で身体採寸技術(現在のBodygram)を開発、当初はオリジナルスティッチ社内のBtoB事業だったが、2019年1月に米国にてBodygram Inc.を設立、ボデイグラム事業を独立させる。同年5月に日本法人Bodygram Japanを設立し、日本法人CEOも兼務。以後、日本に自らの拠点を置き、日本市場の開拓に力を注ぐ。