BS朝日

バックナンバー

#327

岸畑聖月 株式会社With Midwife 代表取締役

病院での出産が増え、存在感が薄くなった助産師の本来の価値を活かすため、
岸畑は全国の助産師をネットワーク化し、自分に合った助産師を選んで、
オンラインで相談できる窓口を作った。
かつては地域の身近な健康相談役でもあった助産師の役割を取り戻すことで、
女性の心と身体の悩みや、虐待やネグレクトなど家庭内の問題の解決を目指す。
一方、企業の顧問助産師サービスも開始。働く女性やその家族の健康相談にも
乗り出した。助産師が身近な存在になることで多くの社会的課題が解決できる
と語る岸畑が考える助産師のいる日常とは。

きしはた みづき

1991年 香川県生まれ

 
香川大学医学部看護学科卒
助産学と経営学を学ぶため、京都大学大学院医学研究科に進学
その後、大阪市内の総合病院で助産師として働きながら、
女性の産前産後の社会課題を解決できればと企業を決意。
2019年株式会社With Midwifeを設立。
同年「おおさかベンチャーチャレンジFund&Fan」認定
Work Story Award2019「3つのEで賞」受賞