BS朝日

バックナンバー

#326

川口哲平 株式会社クラッソーネ  代表取締役

川口が手掛けるのはネット上で解体工事会社と施主をダイレクトに
つなぐマッチングサービス。
見積もりや工事会社の口コミ評価などを、ITを利用し、瞬時に「みえる化」。 

施主にとっては、一生に一度あるかないかの解体工事。
情報収集のハードルを下げることで、空き家問題解消にも一役かう。

実は高いリサイクル率を誇る解体時に出る廃材。
ゆえに現場では分別解体と呼ばれる解体が行われているため意外に手作業が多い。

“出口”である解体の現場から逆に、ゴミの出づらい建物作りを提案し、
循環型の街づくりを目指す。

 

かわぐち てっぺい

1983年1月25日
愛知県出身。京都大学農学部・地域環境工学科でダムや用水路の設計、
機械設計を学ぶ。卒業後、大手ハウスメーカーの住宅営業として6年間勤務。
最優秀営業賞を受賞する。
2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し、現在に至る。