BS朝日

バックナンバー

#334

大河内愛加 ディレクター・デザイナー
株式会社Dodici 代表取締役CEO

京都とミラノを行き来しながらアパレルブランド“レナクナッタ”を運営する大河内。
“レナクナッタ”というブランド名は着ら“れなくなった”り、使わ“れなくなった”りしたも
のを利用した服という意味。日本の古い着物地とデッドストックの高級イタリアンシルク
を組み合わせたリバーシブルの巻きスカートで注目を浴びた。
イタリアで、ものを大切にする文化に目覚め、日本の伝統文化を守ることも考えるように
なったという大河内。現在はデッドストックの利用だけでなく、あまり作ら“れなくなった”
伝統工芸品を新たに生産し、商品開発も行う。日本とイタリアをともに愛する大河内が作る
両国の“文化を纏う”ファッションとは。

 

おおこうち あいか

1991年 横浜市生まれ
 
15歳でイタリア・ミラノに家族とともに移住。
ヨーロッパデザイン学院ミラノ校アートディレクション学科卒業。
2011年東日本大震災の時、イタリアで周囲の人々から日本の心配をされ、日本人であ
ることを意識。日本とイタリアの伝統文化をともに伝えられる仕事をしたいと考えるよう
になり、イタリアンシルクと日本の着物地を組み合わせたリバーシブルスカートを考案。
日伊国交150周年にあたる2016年、アパレルブランド“renacnatta”を立ち上げる。
2021年京都女性起業家賞 京都府知事優秀賞受賞。