BS朝日

バックナンバー

#366

三和沙友里 energy closet 代表

「たくさんの服を着て楽しみたいけれど、その服はすべて大切にしたい。」
そう考える三和がアパレルの大量廃棄問題解消のために考えた仕組みが「古着の物々交換」。
着なくなった服を3着持ってくれば、そこに置いてある古着から好きな3着を持ち帰る
ことができるという交換イベントを開催している。
いろいろな服に挑戦することで、クローゼットの中身がどんどん自分らしくなり、洋服に
対する愛情も増す。そう語る三和が考える新しいエシカルファッションとは。

 

みわ さゆり

 
1996年千葉県生まれ。
 
大学時代より企業経営に興味を持ち、ウエディングやカフェ事業を展開する企業に参画。
さらに地元千葉を拠点にSocial Art Laboというチームをつくり、地元の子どもたちが
作ったアート作品と街を結ぶマルシェを作るためのクラウドファンディングを達成する
など、アートやファッションと公共性を両立する事業を模索。
エシカルファッションにも興味を持っていたことから、
2019年ファッション分野におけるカルチャーとエシカルの両立をコンセプトに
『energy closet』を立ち上げる。