BS朝日

バックナンバー

#379

村上結輝 素材デザイナー

村上が目指すのはゴミになったモノをデザインして価値を取り戻すこと。
開発したのは、コーヒーのかすに消費できない牛乳を接着剤として使った『カフェオレベ
ース』という素材。

液体状から乾燥させ形を作るため、型に流したり、塗りつけることもできる表現は幅広い。
今年1月インターネットで、商品の販売を始めたところ、
カフェのオーナーなどから反響を呼び、新作の制作依頼も増えているという。

また、さらなる新素材を生み出すため、アップサイクルコミュニティ上回転研究所を作り若手クリエイタ―たちと、身近な廃材を使った実験も続けている。
夢は、天然素材だけを使った新たな素材を開発し、人々がゴミ問題を考えたり、
生活が変えるきっかけになればと語る。

 

むらかみゆうき

1998年 愛知県生まれ
2017年 名古屋芸術大学入学 
2021年 「カフェオレベース」を開発