BS朝日

バックナンバー

#36

山野愛子

山野愛子。 戦前は、国産のパーマネント機を独自に開発し、パーマネントを全国に普及。戦後は 日本最大規模の美容師養成施設・山野美容専門学校を創設。初代校長として、これまでに21万人もの人材を輩出しています。現在も、その名を冠した美容室が世界中に存在 するなど、日本を代表する美容家のひとりです。 美容界に輝かしい功績を遺した、山野愛子。それは、夫・山野治一との夫婦二人三脚で歩み続けた道のりでした。

新進気鋭の美容師として活躍していた愛子と結ばれた治一は、勤めていた役所を辞め、妻を「日本一の美容師」にするべく美容師の地位向上に奔走します。優れた技術を 持つ愛子と、プロデューサーとしての才を持つ治一。戦争や同業者からのバッシング、そして最愛の息子の死をも乗り越え、ふたりは支え合いながら、日本の美容界をリード し続けていきます。

番組では、貴重なふたりの肉声や長男・正義氏をはじめとする関係者の証言を基に、 昭和という時代を美しく彩った、山野愛子・86年の生涯を紐解きます。