BS朝日

バックナンバー

#93

かまやつひろし

今年3月、78年の生涯を閉じた歌手・かまやつひろし。ひょうひょうとした風貌の裏に、豊富な音楽遍歴で培った確かな耳とテクニックを持ち、いつまでもさびない感性が、世代を超えてミュージシャンから愛された。音楽を相棒に人生を楽しみ続けた、その日々を振り返る。

・ぼくの音楽遍歴
日系二世のジャズシンガー・ティーブ釜萢の長男。戦後の進駐軍放送でジャズにはまり、カントリーのギター&ボーカルでステージへ。飯倉「キャンティ」での交遊録、そして、親友・赤木圭一郎の事故現場で見た真実。
(「殺し屋のテーマ」「嘆きのブルース」ほか)

・羽田に着いたら大スター
かまやつの加入で、ザ・スパイダースはビートルズサウンドを目指し、腕を磨く。ハマクラ(浜口庫之助)作品「夕陽が泣いている」のプロモーションで海外に出かけ、帰国したら空港は大騒ぎ。突然の黄色い歓声に戸惑うかまやつ。
(「フリフリ」「夕陽が泣いている」ほか)

・GSブームの狂乱の中で
ビートルズの来日をきっかけに起きたGSブームの嵐。映画にも主演するが、メッセージ性のあるフォークが台頭し、熱が冷めるのは早かった。解散後、修善寺に籠って出した結論は…「どうにかなるさ」。
(「バンバンバン」「あの時君は若かった」ほか)

・「我が良き友よ」と、その後
吉田拓郎が書いた「我が良き友よ」が大ヒット。しかし、かまやつはその座を捨てて自由を追い求める。ユーミンやアルフィーらとの交流。さらに若い世代とのコラボ。「KEEP ON」の精神、いつまでも。
(「我が良き友よ」「やつらの足音のバラード」ほか)

生きのいいバンドを見つけてセッションすることは、女の子をナンパするようなものだと語ったかまやつ。人生をとことん楽しんだ愛すべき偉人。そのスタンスから生まれた音楽は、進む道を見失いがちな現代人の「道しるべ」となる。さあ、肩の力を抜いて、「のんびりいくさ」。