BS朝日

バックナンバー

#8

「ダルマ」

2月初め、静岡県富士市で毘沙門天大祭が開かれました。境内に入ると、すぐ、ダルマ市です。全国から四十ほどのダルマ店が集っていました。江戸時代に、紙づくりの街・富士で、紙の端切れを利用してつくり、この大祭で庶民に販売するようになったのが始まり。地元の人々は日本最大のダルマ市だと誇ります。購入したダルマには、開眼堂で目を入れてもらいます。大祭の3日間に20万人が訪れ、たくさんのダルマが手渡されました。