BS朝日

放送内容

学生服で貧困を解消 リユースショップさくらや
TOKYO油電力 染谷ゆみ

学生服で貧困を解消 リユースショップさくらや

新型コロナウイルス感染症で先が見えない春ですが、新年度が始まりましたね。
皆さんお元気にしていらっしゃいますか?今回は、学校で職場で、新しい制服を身につける人が増えるこの時期にご紹介するにふさわしい話題
「制服で貧困を救う!」
と世界を巻き込みエネルギッシュに活動する女性が登場します。

学生服リユースショップさくらや 馬場加奈子さん
シングルマザーとして3人の子育て中の加奈子さん。長女が中学校入学時、新品の制服を買うのは経済的に難しく、古着を探したけれどなかなか見つからなかったのだそう。そこから制服のリユースショップを思いつき開店。
およそ10年がたち、今では姉妹店が全国に52箇所できるまでに広がりました。

馬場さんのバトンを受け取るのは山田美羽さん。この春から高校に通う彼女、中学時代は「国際平和」「ジェンダーの平等」などSDG sが掲げるいくつもの目標に興味を持ち弁論大会で発表したそう。自分の中学時代を思って反省してしまうような前途有望な若者です。

早速、馬場さんのお店を訪問。まるで新品みたいな綺麗な制服が並んでいます。
「できるだけ綺麗な服を着てもらいたい」という加奈子さん買い取って店に出すまで制服を徹底的に洗浄・修繕しているのです。
さらにー
リユースショップなのに毎日お茶しにくるお客?
プレゼントを持って店にやってくるご近所さん?
ユニークな来店客のみなさんと出会った美羽さんには店から始められるいろんな可能性が見えてきました。

馬場さんのさらなる取り組みは大手企業も巻き込んだもの。彼女がオフィスの入り口に設置した箱の中に入れられたのは、社員の皆さんの使わなくなった制服たち。
これが子供達を貧困から救う壮大な計画につながっているというのです。

制服で貧困を救う。
加奈子さんが始めたSDGs(継続可能な世界を発展させるための目標)ぜひご覧下さい。
 
さくらや 問い合わせフォーム

http://www.seifuku-sakuraya.com/contact/

ホームページ

http://www.seifuku-sakuraya.com/
 


 

TOKYO油電力 染谷ゆみ

唐揚げ・トンカツ・エビフライ・・・揚げ物ってどうしてこう食欲に訴えるのでしょう。
ところで・・・家での揚げ物、終わった使用済みの油どうしていますか?
この油をクリーンエネルギーとして再生
「東京は使えるのに使われない油が大量に存在する!
この街で油田王に私はなる!」
と豪語するかっこいい女性が登場します

TOKYO油電力代表 染谷ゆみさん
使用済みてんぷら油から新たなエネルギーを作り出す「TOKYO油電力」の染谷さん。
墨田区で廃油回収を営む染谷商店の3代目社長。当時から回収した油を使い、肥料や石鹸、ろうそくを作ってきました。
その後、ゆみさんが都会で捨てられている大量の使用済みてんぷら油を回収し
世界で初めて環境に優しい燃料を作ることに成功。アメリカのTIME誌に「世界の環境の英雄たち」30人の一人として選ばれました。

染谷さんのバトンを受け取るのは料理好きの高校3年生、石井萌々果さん。
父親は和食から洋食までなんでもこなす料理人。
食卓では食品ロスについて語り合ったりするそう。
「父親?靴下一緒に干さないで」なんてことにはなりそうのない羨ましい親子関係です。

まずは工場見学。
長年持ち込まれた油でツルツルピカピカした床や壁。
真っ黒な廃油が透明サラサラになる精製過程は油がうらやましくなるほど。
出来上がった油は、車を走らせたり、発電に使うことも可能です。

これほどの油はどう集めているのでしょうか?
そして精製された油はどうやって使われているのでしょう?
その答えを探していくと・・
17年もの間、染谷さんが続けた地道な努力と挑戦が見えてきました。

未来の油田王 
染谷さんが始めたSDGs(継続可能な世界を発展させるための目標)ぜひご覧下さい。
 
「染谷商店」

【お問い合わせ先】

03-3613-1616

https://www.vdf.co.jp/k_annai.html