BS朝日

放送内容

アバンティ 渡邊智惠子さん
築地もったいないプロジェクト 内山正宏さん

アバンティ 渡邊智惠子さん

みなさん「オーガニック・コットン」という言葉、聞いたことがありますか?
栽培から生産までの過程で化学薬品を使用することを最小限に抑えて作られた
コットンのこと。
今日はこの「オーガニック・コットン」と出会うことで
SDGsにつながる活動をはじめられた方が登場します。

 

「アバンティ」 会長 渡邊智惠子さん
訪ねるのは、広島県在住の高校2年生、木原ゆいみさん
ファッションは大好きですが、オーガニックコットンについては、
言葉だけは知っているけれど、というくらいの知識しかないとのこと。

待ち合わせたのは綿花畑。秋から冬にかけては収穫のシーズン。
モコモコの繊維をまとった綿花がたくさん。
このきれいなコットンボールを守るため、
一般的な畑では収穫の時期に葉を落とすための農薬を散布することが多いそうです。
綿花が汚れる恐れがあるし、収穫するとき邪魔だから。

植物の葉を落とさせる農薬です。今では改善されてきていますが
特に数十年前は人への影響も少なくはなかったそう。今から30年ほど前、
貿易の仕事を手がけ始めていた渡邊さんはアメリカの綿花栽培の現場に行き
畑の側溝を流れる農薬の匂いや危険を知らせる看板に衝撃を受けたそう。

私たちが使っているものを作っている人たちが、
そのために健康を損ねたり、悪影響をうけないようにあって欲しい。
生産者の環境を改善するため、オーガニックコットンを広めてきた渡邊さんの活動は、今、日本の織物文化や被災地を救うことにも繋がってきています。

「こどもたちに私たちが残せるものは何か」
渡邊さんのはじめたSDGsぜひご覧ください。


 

築地もったいないプロジェクト 内山正宏さん

タラや牡蠣の鍋、キンメの煮付け。寒くなってくると暖かい料理が美味しいですよね。
肉に比べて鮮度が落ちるのが早い魚は売るのも買うのもスピード勝負。
それゆえ、売れ残ってしまう量も結構あるのだそうです。
今日はこうした、美味しいのに、売れ残ってしまった魚を生かす、
みんなに美味しい取り組みをはじめた方を紹介します。

 

築地もったいないプロジェクト 内山正宏さん
バトンを受け取るのは、大学卒業後、役者修行中の藤原隆介さん
釣りが好きで趣味は料理。魚を生かすプロジェクトに興味津々。

訪ねたのは豊洲市場。
ここには売れ残ってしまった「もったない魚」がたくさんあるといいます。
漁や運搬の過程でできてしまった小さな傷。見た目が良くないという理由で中々買い手がつきません。
同じ魚でも、大きさにばらつきがあると、大量の魚を扱うスーパーなどでは、それだけで包装・陳列などがしにくいため、ちょっと小さいものやちょっと大きいものは、はねられてしまいます。
こうした魚が、売れ残ってしまうのです。
みんなが「もったいない」と思いながら、何もできずにいました。

そんな中、4年前から、内山さんは業者を周り、売れ残った魚の買取りを始めたのです。
もともと、料理人だった内山さん、味には何の問題もない事を知っていました。
そこで、売れ残った魚を出す店を作ることにしたんです。

美味しいけど売れ残ってしまった「もったいない魚」を売りにした店は
お客様からも大好評。この先、もったいない魚たちを生かし続けるために
内山さんは「人のもったいない」を生かす取り組みをはじめました。

「魚だけではなく人や社会のもったいないもなくしたい」
内山さんのはじめたSDGsぜひご覧下さい。