BS朝日

バックナンバー

#178

お寺に住みたい妻の夢をマンションで実現 西新井大師の家

今回は、関東厄除け三大師として有名な西新井大師の近くに建つ築16年のマンションに住む I さんご夫妻を訪ねます。

会社員の若いご夫婦が目指したのは、どこか懐かしいおばあちゃんの家。テーマは「お寺に住みたい!」奥さまは神社やお寺が大好きで旅行で訪れる度に自分達もこんな空間に住みたいーと思っていました。
以前は隣の葛飾区に賃貸で暮らしていましたが、契約更新のタイミングに合わせて新たな住まいを探すことに。住まい探しから資金計画、設計、施工までひとつの会社に依頼。建築家はコンクリートのマンションを日本の伝統建築―柱を隠さずそのまま見せる真壁やスギ材の柱や床など、室内の随所に「和」の要素を散りばめた空間に仕上げました。Iさん達も装飾など備品はご自分達で調達。柱の「釘隠し」は、お二人で京都まで買いに行ったそうです。また、寝室の扉は、
大正時代に造られた蔵戸の扉をネットで購入、転用しました。

大学時代にロックのサークルで出会ったお二人。ご主人は今でも週末になるとライブ活動をしているそうです。お寺のような空間に、ご主人のギターがとても似合っている個性的なI邸でした。

 
設計担当: 野田歩夢 / ゼロリノベ
https://www.zerorenovation.com/concept/

【平面図】

before

after