BS朝日

バックナンバー

#1755

すべてが“別モノ” ディフェンダーの正体

“SUV”がもてはやされる時代だから当然、と思う人も多いことだろうが、そんな呼び名が産まれるはるか以前から、イギリスのランドローバーとレンジローバーには確たる個性と魅力があった。近年の“レンジ”の方には“上質な高級車”のイメージさえ生じていたのだから(価格もかなり高いが)フシギと言う他は無い。さて今度のランドローバー・ディフェンダーは、一体どんなクルマになっているのか。見かけは敢えて“レンジ風”とはせずに、むしろ逆に“昔のランド的”イメージを現代的にデフォルメ。しかし中身は完全なる“次世代型”。その実体を適確に予想するのはムリなようだ。
 
登場車種:LAND ROVER DEFENDER 110 SE