BS朝日

バックナンバー

#126

鈴木美智子 ジオガシ旅行団

2000万年前、海底火山として誕生した伊豆半島は、変わった地形や地層の宝庫だ。それに惚れ込んだ鈴木は、風景そっくりのお菓子「ジオ菓子」を作った。マグマが冷え固まる時 収縮することで生まれる「柱状節理」を、ココア味のクッキーに。縞模様の地層は、紅茶味のパイに。お土産でジオ菓子をもらった人が、元になった風景を訪ねることも増えているという。ジオ菓子を通して、鈴木が未来に伝えたいこととは?

すずき みちこ

1971年、静岡県生まれ。
多摩美術大学卒業後、東京の広告代理店でデザイナーとして活躍。
2007年、ふるさと伊豆半島に関する仕事がしたいと、南伊豆町に移住。
2012年、伊豆の美しい風景を切り取ってお菓子化し、現地へ誘う体験型お土産ツール「ジオ菓子」を制作。ジオ菓子を携えてその場所を楽しむツアーを行う「ジオガシ旅行団」を設立、現在、代表を務める。