BS朝日

バックナンバー

#361

青山沙織 深海魚直送便 代表

「深海魚の聖地」と呼ばれる静岡県沼津市の戸田漁港。
底引き網で様々な深海魚が水揚げされ、
ノドグロ、アンコウなど知名度がある魚は高値で取り引きされるが、
多くは知名度がなく、見た目もグロテスクな為大半が市場に出ず廃棄されてきた。
深海魚が売れない。という漁師さんの悩みを聞いた青山は、
食べると美味しい深海魚の魅力を知ってもらおうと、
福袋形式で深海魚を直送する「深海魚直送便」をスタート。
他にも、食べられない深海魚を詰め合わせた「ヘンテコ深海魚便」は
大学の研究者などの貴重な資料にもなるなど新たなニーズを生んでいる。
そんな青山が今後目指している深海魚の世界とは・・・

 

あおやま さおり

1982年 兵庫県生まれ
 
市役所や法律事務所などで働いたのち、ワーキングホリデーを利用し
オーストラリアにて1年間、真珠の養殖場などで働く。
自ら何かを発信したいと2018年、兵庫県から移住し、
静岡県沼津市地域おこし協力隊に就任。
「駿河湾の深海魚アートデザインコンテスト」「深海魚フェスティバル」などを企画。
現在は独立し「深海魚直送便」をメインに活動