BS朝日

放送内容

#22

チョコレートでたくさんの人を幸せに  『久遠チョコレート』 夏目浩次さん
自然エネルギーでサスティナブルな地球に 『ハチドリ電力』小野悠希さん

チョコレートでたくさんの人を幸せに  『久遠チョコレート』 夏目浩次さん
自然エネルギーでサスティナブルな地球に 『ハチドリ電力』小野悠希さん


 

チョコレートでたくさんの人を幸せに
『久遠チョコレート』 夏目浩次さん

義理であげる「義理チョコ」友達にプレゼンする「友チョコ」
自分にご褒美「自分チョコ」目的はともかくみんなチョコ大好きですね。
ヴァレンタインデー間近の今回は、チョコレートとの出会いから
たくさんの人々を幸せにしている方が登場します。

 

久遠チョコレートを運営する ラ・バルカグループ代表 夏目浩次さん
創業6年で全国に50拠点、昨年のコロナ禍でも売り上げをアップさせた
人気のチョコブランド。
夏目さんがこの会社を作ったのは美味しいチョコレートを提供するため、
そして障がいのある方の仕事を創るためでした。

訪ねたのはmoneさん、大学に通いながらタレント活動をしています。
女性と社会に関わるジェンダー平等に関心があるそう。

障がいのある方がショコラティエとして働くラボを訪ねます。
チョコレートを溶かして固めるテンパリングという工程
ドライフルーツを飾ったり、カットしたり。

実はチョコレートは障がいのある方に向いている食材だと
夏目さんは言います。その理由とは…?

障がいのある家族を抱えた人、引きこもってしまった人。
夏目さんは今、いろんな理由で仕事をするのに困難を抱えた人が働く場を
創るため、企業や地域を巻き込んでさらに大きな計画を考えています。
「どんな人にも多様な選択肢が与えられて楽しいと思える社会を創りたい」
夏目さんのはじめたSDGsぜひご覧ください。

  


 

自然エネルギーでサスティナブルな地球に 『ハチドリ電力』小野悠希さん

「地球温暖化」
今日は、自分一人の力でどうにかなるなんてとても思えないこの大問題に取り組むため
25歳で電力会社を立ち上げた若者が登場します。

 

『ハチドリ電力』小野悠希さん
大学卒業後、社会問題をビジネスで解決する、ソーシャルビジネスに取り組む会社、
「株式会社ボーダレス・ジャパン」に入社した小野さん。
2年の修行期間を経てエネルギーの観点から、環境問題に取り組もうと
立ち上げのが「ハチドリ電力」でした。でもなぜ電力会社?

スウェーデンの環境活動家 グレタ・トゥンべリさんから影響を受け、地球温暖化をなんとかしたいと思っていました。
温暖化防止の鍵となるCO2削減。日本の排出量は世界第5位。
そのうちの約40%は「エネルギー転換部門」火力発電によるものなのだそうです。

小野さんはここを変えられてないかと考え、
自然エネルギー由来の電気を扱うハチドリ電力を作ったのです。
共感しているお客さんが増えれば、地球環境に少しは貢献できるかもしれない。
さらに、電気代の一部は自然エネルギー発電の広めていくための寄付に
充てられているのも特徴。

「一人では微力だけど、みんなの力が集まれば、きっと大きな力になる」
小野さんのはじめたSDGsぜひご覧ください。