BS朝日

放送内容

#46

「楽しみながら災害の備えができる世の中を!」林映寿さん
スポーツを通じて防災を学ぶ 防リーグの篠田大輔さん

「楽しみながら災害の備えができる世の中を!」林映寿さん
スポーツを通じて防災を学ぶ 防リーグの篠田大輔さん
 

「楽しみながら災害の備えができる世の中を!」
林映寿さん

みなさんの家では何か防災対策していますか?
想定外の災害が毎年のように起こっている日本。
もしものとき、私たちの命や生活を守るためにはどうしたらよいのか?
そのための取り組みをしている方々を1時間にわたって紹介します。

 

はじめに登場するのは、こどもたちが見たら歓声があがりそうな
パワーショベルやホイルローダーなど 特殊車両が勢揃いした重機の遊園地
「ライフアミューズメントパークnuovo」をつくった林映寿さん
土を掘る、丸太を持ち上げる、地面をならす
さまざまな作業をこなす重機に乗って楽しむことができます

実はこれ、災害時に役立つ人材を育成する取り組み

真言宗の僧侶でもある林さんは
東日本大震災をきっかけにお寺の仲間と災害復興支援団体を発足
ボランティア活動を続けるうちに災害現場での「重機の活躍」に注目します

台風・大水などの浸水被害、地震などの後、大活躍する重機
けれど重機を扱えるボランティアは少ない現状がある
楽しんで重機に乗る場所をつくることでそれを解消できないだろうか?

こうして生まれた重機のテーマパーク、いったいどんな場所なのか?
訪ねてくるのはどんな人?
テーマパークで“学んだ人”たちの被災地での活躍ぶりも紹介します。
 

スポーツを通じて防災を学ぶ 防リーグの篠田大輔さん

株式会社シンク提供

 

もう一つ、紹介するのは「防リーグ」の取り組み。
スポーツを通じて防災を学ぶというのですが一体どんなもの?

例えば綱のついた重りを引く「ウォーターレスキュー」というスポーツ。
これは水に落ちた人を救う、水難救助のシミュレーション。
水難救助では水に飛び込まず浮く物を投げ入れるのが原則
そのために必要な動き「浮く物をロープにつけて的の近くに投げ、引く作業」
を競技にしたもの。

防災にそなえる力がアップするユニークなスポーツいろいろご紹介します。