BS朝日

バックナンバー

#74

2019年4月7日(日)放送

今週のニッポン
今週の日本のニュースを海外メディアはどう伝えたのか!?

・新元号「令和」に決定 世界はどう見たのか
・外国人労働者の受け入れ拡大・・・4月1日から改正入管法施行


徹底解説 ニュースの焦点
北朝鮮 最高人民会議を前にミサイル発射の動き 韓国メディアが報じた104カ所の核施設リスト

北朝鮮で4月11日から最高人民会議が開かれるのを前に、ミサイル発射の動きがあるとされる。韓国メディアは、北朝鮮に104カ所の核施設があり、韓国政府が把握していると伝えた。また、韓国の船による、”瀬取り”への加担も発覚。問題となった韓国船の航跡をたどると、意外な事実が見えてきた。

【ゲスト】
古川勝久(国連安保理・北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委員)
礒﨑敦仁(慶応大学准教授)


ニュースの核心に迫る!「時事論考」
保釈から一転…日産前会長ゴーン容疑者4回目の逮捕 10年前の“偉業”と一連の容疑の関連は!?

保釈から一転、日産前会長ゴーン容疑者4回目の逮捕劇。無罪請負人の異名を持つ弘中惇一郎弁護士は「暴挙だ」と猛反発し、全面対決の構えだ。番組では、新たな不正支出、特別背任容疑の舞台となったオマーン・ルートを追跡。さらに、一連の逮捕容疑が始まる10年前のゴーン容疑者の“偉業”に注目する。

【ゲスト】
高井康行(元特捜検事/弁護士)
井上久男(経済ジャーナリスト)


※都合により内容等、変更の場合もあります。