BS朝日

バックナンバー

#75

2019年4月14日(日)放送

今週のニッポン
今週の日本のニュースを海外メディアはどう伝えたのか!?

・北斎のグレイトウェイブが日本の紙幣になる!!
・桜田前五輪担当大臣の辞任「不快と思われる発言」
・日本のF35戦闘機墜落中ロが先に機体を見つけたら・・・
・仏政府はゴーン容疑者の「無罪」動画をどう見たか


徹底解説 ニュースの焦点
北朝鮮・金正恩委員長「敵対勢力に深刻な打撃を」 最高人民会議では・・・

2回目の米朝首脳会談が物別れになっており、北朝鮮の国会にあたる最高人民会議は、指導部を刷新した。
それに先立ち、金正恩委員長は「敵対勢力に深刻な打撃を与えるべき」と発言したが、核やミサイルへの言及は避けている。
米韓首脳会談でトランプ大統領は、非核化の実現まで制裁を維持すると強調し、韓国が掲げる南北の経済協力に釘を刺した。

【ゲスト】
伊豆見元 (東京国際大学教授)
平岩俊司 (南山大学教授)


ニュースの核心に迫る!「時事論考」
米中ハイテク戦争 欧州が主戦場に 中国政府は方針変更しファーウェイと連携

米中はハイテク覇権を競い、今や欧州が主戦場だ。
5G導入で米国は、中国ファーウェイ排除を求めたものの、欧州各国は距離を置く中国政府は、従来の方針を変更し、ファーウェイとの連携を打ち出した。
さらに、一帯一路にはイタリアが協力を表明し、G7の切り崩しに奏功した。一方、米国は、安全保障を掲げ、巻き返しを図る。

【ゲスト】
遠藤誉 (筑波大学名誉教授)
春名幹男(国際ジャーナリスト)


※都合により内容等、変更の場合もあります。