BS朝日

バックナンバー

#118

2020年3月22日(日)放送

今週のニッポン
今週の日本のニュースを海外メディアはどう伝えたのか!?

・新型コロナ危機 日本の対応を世界はどう見る!?
・財務省の決裁文書改ざん問題 自殺した職員の遺書
・「津久井やまゆり園」45人殺傷で死刑判決
・心愛さん虐待死 父親に懲役16年の判決
・開幕延期でも・・・MLB大谷翔平


徹底解説 ニュースの焦点
新型コロナ“大規模流行”防ぐために・・・ (1)政府の専門家会議が「見解」“爆発的な感染拡大”の可能性は!?

政府の専門家会議が表明する、新たな「見解」。「爆発的な感染拡大に伴う、大規模流行が起こる可能性」に言及するとされている。この「見解」を受け、政府は、イベント自粛の継続や学校再開について、判断する。感染拡大を制御し、「医療崩壊」を防ぐには今、何が必要なのか。そして、有効な経済対策は?

【ゲスト】
今枝宗一郎(衆院議員/医師)
高山義浩(沖縄県立中部病院感染症内科)
岡田晴恵(白鷗大学教授)


ニュースの核心に迫る!「時事論考」
新型コロナ“大規模流行”防ぐために・・・ (2)集団感染が相次いだ韓国 方針転換で向き合った危機

韓国では新興宗教団体『新天地イエス教会』で集団感染が発生。国民が簡単に無料で受信できる検査を拡充したものの、大邱で集中的に感染者が増加し、深刻な病床不足に陥った。持病を持つ高齢者が入院を待つ間に死亡するケースも続出。韓国政府は、感染者の全員入院という方針を転換した。韓国での攻防から、日本の今後の対策を考える。

【ゲスト】
牧野愛博(朝日新聞編集委員)


※都合により内容等、変更の場合もあります。