BS朝日

バックナンバー

#18

#18

今回は、指揮者 ピエタリ・インキネンが、フィンランドで愛される曲シベリウスの交響曲第2番 ニ長調について紹介します。日本とフィンランドは外交関係を結んで100年になります。
 
シベリウスの曲は、曲を聴く人がその時の心のあのように合わせて、楽しんでもらいたいんです。交響曲の場合は、どのようにドラマを作り上げ、個性や雰囲気を散りばめるかに重点を置いています。シベリウスの作品に対して指揮者の私が何かを創作したりはしません。

 
◆紹介楽曲◆
フィンランドの作曲家シベリウスの 交響曲第2番ニ長調
 
◆出演◆
指揮者:ピエタリ・インキネン [日本フィルハーモニー交響楽団]

(C)堀田力丸