BS朝日

バックナンバー

#299

永田洋幸 株式会社Retail AI 代表取締役社長

日本の流通業のムダ・ムラ・ムリをなくし、消費者に適切な価格で適切な商品を届けたい。
そう考える永田は、流通業界のIT化を推進。
自社開発のIoTデバイスによる小売店舗のスマート化や、ビッグデータを活用したマーケティングなどを進めている。中でも日本で初めて導入した、セルフレジ機能が付いたスマートショッピングカートは話題に。客は商品のバーコードをスキャンするだけでセルフ会計ができ、従来のレジを通る必要がなくなった。
さらに店内に設置したカメラで、買い物客の行動データなどを個人情報に配慮しつつ集め、A Iで解析。
欠品の改善や、商品の陳列に戦略的に活用し、売場の最適化に貢献している。
オープンイノベーションでメーカーや卸、他の小売企業等と連携してビッグデータをうまく活用し、フードロス問題や人材不足問題の解決を目指したいと語る。

ながた ひろゆき

1982年福岡県生まれ。米コロラド州立大学を経て、2009年中国・北京にてリテール企業向けコンサルティング会社、2011年米シリコンバレーにてビッグデータ分析会社を起業。2015年トライアルグループのCVCに従事し、シード投資や経営支援を実施。2018年株式会社Retail AI 代表取締役社長/CEO就任。国立大学法人九州大学工学部非常勤講師も務める。