BS朝日

バックナンバー

#372

宇田悦子 株式会社フードリボン 代表取締役社長

沖縄の特産品パイナップル。葉の繊維質が多い性質を活かし、廃棄される葉から繊維を取
り出して、衣料品やバイオプラスチックとして再生させた宇田。次世代にツケを回さない
循環型のビジネスを目指し、使用後の製品は炭化して土に還し、その土で有機農業を行う。
そうした、経営理念の背景には沖縄で出会ったある言葉がある。
循環型のものづくりから出発し、さらに、循環型の街づくりにも挑戦しようとしている
宇田が目指す未来の社会の姿とは。

 

うだえつこ

1985年 神奈川県生まれ。
 
2015年、11年間勤めた大手美容企業を退職。
転職した食品関連の会社で、食品廃棄物から美容液の原料を再生できることを知り、
循環型社会に興味を持つ。
沖縄大宜味村でのシークワーサーを使ったプロジェクトをきっかけに、
2017年フードリボンを設立。
2020年よりパイナップルの葉の再利用事業を開始。
2021年5月パイナップルの葉からつくられたストローを発売。