BS朝日

放送内容

#10

ゴルフティーチングプロ 三觜喜一

多くのプロを指導するティーチングプロ、三觜喜一(47)。彼の教え子たちはいま、次々と頭角を現してきている。指導者としてのモットーは、物理的にエビデンスのあることしか言わないこと。教える側の主観で語られてきた既存の指導法とは一線を画す論理的なレッスンは、一般ゴルファーの間でも絶大な支持を集め、登録者数38万人を数えるゴルフ界のトップYouTuberでもある。ゴルファーの悩みを一瞬で見抜き、その場で解消してみせるその指導力は、”三觜マジック”と呼ばれている。
11歳でゴルフをはじめ、ゴルフ専門学校を卒業し、プロゴルファーになった。
しかし、31歳のとき、当時中学生だった石川遼選手と同組で回った大会でポテンシャルの違いを痛感し、プロとしての道は諦めた。
そんな三觜が理想とするのは、「すべてのゴルファーを上手にする」こと。
自身の経験をアウトプットすることが、誰かのゴルフ上達に役立てることに喜びを感じるのだという。
365日ゴルフ漬けの自称「日本一のゴルフヲタク」。その根源には、アウトプットのためには、勉強しつづけなければいけないという思いがある。
最新のゴルフ理論を学ぶのはもちろん、ケガをさせないために医学書まで読み漁るほどの勉強家。生徒にわかりやすく教えるために、アナウンサーに話し方のレッスンを受けたこともあるほどだ。
そんな三觜があらたに挑戦していることがある。
それは、50歳でのシニアツアー出場だ。
「試合でしか得られない経験値があるから」この挑戦もまた、自身の経験を還元するためなのだ。人生をゴルフに捧げた男の挑戦に密着した。

2016年に初シードを獲得した辻梨恵プロをはじめ多くのツアープロを指導するツアープロコーチでもあり、2014年日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞を受賞。著書に「ゴルフは直線運動で上手くなる!」「最強インパクトをつくるうねりスウィング」(日本文芸社)。