BS朝日

バックナンバー

その他

ちょっと違う!?日本と韓国の洋食事情

日本の家庭料理で子供たちが好きなものといえば、カレーやハンバーグ、トンカツなどの洋食ですが、韓国では洋食を家庭で作る習慣がほとんどなく、洋食は外食で食べるものという概念なのだそう。そもそも韓国の洋食の多くは日本の統治時代に広まったものなのですが、それが根付いたかどうかによって、日本の洋食とは異なるものとなっていきました。そこで今回は日本とはちょっと違う洋食についてご紹介します。まずはカレーですが、お肉、じゃがいも、人参などの具材は日本と同じものの、ルーが水っぽくて薄く、色は黄色、スパイスの味がほとんど感じられないのが特徴です。そのためか人気もなく、日本のようなカレー専門店はありません。その一方で、近年は日本のカレー外食店が進出し“日本のカレー”として人気を集めています。日本のカレーが好きになり、日本旅行の際はおみやげにカレールーを買う人も少なくありません。次にとんかつですが、韓国では“ツ”の発音がないため“トンカス”と呼びます。そして日本は厚切りの肉を使ってソースで食べますが、韓国では薄切り肉に甘いデミグラスソース風のものがかかってくるのが主流。日本が洋食の“カツレツ”から和食として独自の進化を遂げたのに対して、韓国では“カツレツ”の原型のまま定着していったようで。最後にハンバーグですが、なぜか韓国ではハンバーグを見かけることが少ないです。“トッカルビ”という、粗めに刻んだカルビをミンチにして丸め、濃いめのタレとともに炭火焼きにした肉料理が“韓国風ハンバーグ”と呼ばれていますが、日本人が想像するハンバーグとはまったく別物。なぜか韓国では定着しなかったハンバーグでしたが、おもしろいことに韓国には「福岡ハンバーグ」というチェーン店が存在します。このお店は日本企業が進出したものではなく、日本の福岡で有名店のハンバーグを食べた韓国人がその味にほれ込み、独自で研究して韓国風のスタイルでオープンしたというもの。ハンバーグに使用されているのは、こだわり抜かれた韓国のブランド牛「韓牛」ということですので、ハンバーグ好きの方は韓国を訪れた際に、ぜひ立ち寄られてはいかがでしょうか?