BS朝日

放送内容

#14

現代アーティスト 小松美羽

現代アーティスト・小松美羽 37歳。有田焼で製作した狛犬作品『天地の守護獣』が大英博物館に永久展示されるなど、日本だけではなく世界でも評価されるアーティストだ。
幼い頃より画家を志していた彼女は、女子美術大学短期大学部に入学すると銅版画の製作を開始。在学中に製作した銅版画作品『四十九日』は大きく評価され、プロの芸術家としての道を切り開くきっかけとなった。
以降彼女は銅版画のみならず水墨画、水彩画、ペン画、立体、ライブペインティング、伝統工芸とのコラボワークなど多様な表現に挑戦してきた。広く芸術を扱いながら、古くから神話にも登場する「神獣」などをテーマにした作品を製作。独自の世界観を力強く表現したその作品は、見る者たちを圧倒してきた。果たしてそのクリエイションの源はどこにあるのだろうか。番組は小松に密着した。
そんな小松の個展が、岡本太郎美術館で開催される。「岡本太郎に挑む」と題されたこの個展に向け、彼女は一体どのような作品を作り上げるのか。